staff_moere のすべての投稿

新型コロナウイルス感染症対策に係る対応状況について(8/26更新)

こちらの情報は最新ではない可能性があります。
最新情報はトップページのお知らせ欄からご確認ください。

モエレ沼公園では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設の営業について以下の通り変更いたします。

▼屋内施設
– ガラスのピラミッド、フィールドハウス(8月27日から9月12日)

臨時休館(トイレ、窓口のみ開放)
※貸室は8月30日から利用中止*

▼屋外施設
– 海の噴水(8月27日から9月12日)
中止
– 野外ステージ(8月30日から9月12日)
利用中止
– スポーツ施設(8月30日から9月12日)
利用中止
– レンタサイクル(8月30日から9月12日)
利用中止
– モエレビーチ、アクアプラザ
2021年度は利用中止

*ガラスのピラミッドレンタルスペースエリアで開催中の特別展「藤沢レオ:柱の研究」につきましては、引き続き感染防止対策を十分に行ったうえで、8月29日まで開場を継続いたします。


新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、発熱や風邪の症状のある方の入園はご遠慮ください。 なお、感染拡大の状況によっては、急遽臨時休業となる業務・施設が増えることもございます。あらかじめご了承ください。
感染拡大防止のため、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策に係る対応状況について(8/20更新)

こちらの情報は最新ではない可能性があります。
最新情報はトップページのお知らせ欄からご確認ください。

モエレ沼公園では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設の営業について以下の通り変更いたします。

– モエレビーチ、アクアプラザ(2021年度中)
利用中止

– ガラスのピラミッド貸室(8/5から9/12
まん延防止等重点措置の対象期間中の新規貸室受付中止

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、発熱や風邪の症状のある方の入園はご遠慮ください。 なお、感染拡大の状況によっては、急遽臨時休業となる業務・施設が増えることもございます。あらかじめご了承ください。
感染拡大防止のため、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

9月3日から5日にご来園のお客様へ:大型イベント開催に伴う利用制限について

2021_花火_利用規制(A3)-0827

モエレ沼公園で開催されますモエレ沼芸術花火2021の開催準備・撤収作業に関わって、9月3日から9月5日にかけて園内の利用を一部制限いたします。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

※利用制限区域は、変更となる場合がございます。
変更となり次第更新させていただきます。

花火大会の詳細については主催者のウェブサイトをご覧ください
>>>モエレ沼芸術花火2021

From September 3-5, the area around Play Mountain, Sea Fountain, Forest of Cherry Trees and Glass Pyramid will be restricted due to the fireworks display at Moerenuma Park.
We appreciate your patience and support.

新型コロナウイルス感染症対策に係る対応状況について(8/4更新)

こちらの情報は最新ではない可能性があります。
最新情報はトップページのお知らせ欄からご確認ください。

モエレ沼公園では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設の営業について以下の通り変更いたします。

– モエレビーチ、アクアプラザ(2021年度中)
利用中止

– ガラスのピラミッド貸室(8/5から8/31)
まん延防止等重点措置の対象期間中の新規貸室受付中止

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、発熱や風邪の症状のある方の入園はご遠慮ください。 なお、感染拡大の状況によっては、急遽臨時休業となる業務・施設が増えることもございます。あらかじめご了承ください。
感染拡大防止のため、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

藤沢レオさんのインタビューを公開中です!

現在、絶賛開催中の展覧会「藤沢レオ:Sculpture of Place 柱の研究」。展示作家である藤沢レオさんによる本展のインタビュー映像が公開となりました。
屋外・屋内の作品についても映像で紹介されておりますので、展覧会全体の雰囲気も感じられる内容となっております。
まだ展覧会をご覧になっていない方はもちろん、すでにご覧になった方にもおススメの映像です。ぜひ、リンクよりご視聴ください。
引き続き皆さまのご来場をお待ちしております。
▼展覧会概要
2021年7月22日[木・祝]-8月29日[日] 9:00-17:00 
会場/モエレ沼公園ガラスのピラミッド2Fスペース2他
(北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1)
入場/無料
主催/公益財団法人札幌市公園緑化協会 
後援/札幌市、札幌市教育委員会
協力/ 米澤煉瓦株式会社、苫小牧市美術博物館
インタビュー映像制作|常松英史
▼お問い合わせ
モエレ沼公園 TEL 011-790-1231

まん延防止等重点措置適用後の公園の開放状況について

8月2日より札幌市にまん延防止等重点措置が適用されることが決定しました。この期間、市有施設については原則休館となりますが、学校が夏休みに入っているため、子どもたちの成長や教育に資する施設については、感染対策を徹底した上で一部開館することとなりました。
モエレ沼公園を含めた市内公園については
、8月2日(月曜日)以降も現状通り開放いたします。

なお、本年度、モエレ沼公園では水遊びの施設であるモエレビーチおよびアクアプラザを休止しておりますが、それ以外の施設は通常通り開放しています。

・有料施設のキャンセルについて
感染防止のため有料施設の利用をキャンセルする場合は、キャンセル料に係る返金対応を行っています。
なお、大会や集客イベントを開催される際は、感染症対策のこれまで以上の徹底(マスクの装着、消毒検温、ソーシャルディスタンス等)、人数制限の方法等の再確認をお願いいたします。
予約日の変更も受け付けていますので、管理事務所までご相談ください。

なお、ガラスのピラミッドの貸室について、まん延防止等重点措置の適用期間中(8月31日まで)は新規受付を停止いたします(8/4更新)。

オンファロスのメンテナンス日について

オンファロス

ガラスのピラミッドに展示しておりますイサム・ノグチ作の彫刻作品《オンファロス》について、以下の日程で清掃を実施するため午前中はご覧いただけません。
ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。

2021年オンファロス清掃日
5月17日[月曜日]、6月21日[月曜日]、7月19日[月曜日]、8月2日[月曜日]、8月16日[月曜日]、9月24日[金曜日]、10月18日[月曜日]

 

滝野公園&農試公園連携:もっとレンタサイクル

ポスター_もっとレンタサイクル

国営滝野すずらん丘陵公園・モエレ沼公園・農試公園でレンタサイクルの利用キャンペーンを実施します。
札幌の夏、広大な公園内でのサイクリングは爽快&最高です。
ぜひこの機会に、レンタサイクルをご利用ください!

◎もっとレンタサイクル
対象期間/特典引換期間:2021年7月24日[土曜日]~8月17日[火曜日]
対象:小学生以下

会場1 滝野すずらん丘陵公園
利用条件:モエレ沼公園のレンタサイクルレシートをお持ちの上、滝野すずらん丘陵公園でレンタサイクルを利用
特典内容:
【特典1】滝野すずらん公園オリジナルポストカードプレゼント
【特典2】焼肉ガーデン利用料 50 円割引
【特典3】釣り堀利用料 50 円割引
※特典 1~3/ 1レシート各1回限り有効
住所:札幌市南区滝野 247
電話: 011-592-3333
https://www.takinopark.com/rental-summer/

会場2 モエレ沼公園
利用条件:滝野すずらん丘陵公園のレンタサイクルレシートをお持ちの上、モエレ沼公園でレンタサイクルを利用
特典内容:滝野すずらん丘陵公園オリジナルポストカードプレゼント※1レシート1回限り有効
住所:札幌市東区モエレ沼公園 1-1
電話:011-790-1231
https://moerenumapark.jp/rental_cycle/

会場3 農試公園
利用条件:滝野すずらん丘陵公園のレンタサイクルレシートをお持ちの上、農試公園でレンタサイクルを利用
特典内容:滝野すずらん丘陵公園オリジナルポストカードプレゼント※1レシート1回限り有効
住所:札幌市西区八軒5 条西6 丁目 95-21
電話:011-615-3680
https://noushi-park.jp/plan/traffic_corner/

上記期間、対象者が滝野すずらん丘陵公園、モエレ沼公園のレンタサイクルを利用した際に発行されるレシートが特典引き換え券となります。

 

7月22日より「藤沢レオ:Sculpture of Place 柱の研究」が開催!

 

藤沢レオ 柱の研究フライヤー表

 

 

7月22日(木・祝)より、展覧会「藤沢レオ:Sculpture of Place 柱の研究」がついに開催となりました。

メイン会場はガラスのピラミッド2F スペース2となりますが、モエレ山を含め屋外2か所にも作品が設置されております。ぜひ、会場で配布しておりますハンドアウトをご参考に、園内を散策しながらご観賞をお楽しみください。

また、会期中に変化する作品もあるようですので、そちらにもぜひご注目ください。

▼展覧会概要
2021年7月22日[木・祝]-8月29日[日] 9:00-17:00
会場/モエレ沼公園ガラスのピラミッド2Fスペース2他
(北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1)
入場/無料
主催/公益財団法人札幌市公園緑化協会
後援/札幌市、札幌市教育委員会
協力/ 米澤煉瓦株式会社、苫小牧市美術博物館
イベント詳細ページ=https://moerenumapark.jp/leofujisawa/

▼藤沢レオ WEBサイト
http://leofujisawa.com/

▼お問い合わせ
モエレ沼公園 TEL 011-790-1231

 

会場の展示風景(作品部分)

藤沢レオ展 展示風景1

藤沢レオ展 展示風景2

藤沢レオ展 展示風景3

7月12日よりガラスのピラミッド等営業の再開について

モエレ沼公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止策を取りながら、以下の通り開放をはじめます。


7月12日から営業を再開する施設

-ガラスのピラミッド
-スポーツ施設(テニス・野球・陸上)
-フィールドハウス
-レンタサイクル
-野外ステージ
-海の噴水

休止を継続する施設

-モエレビーチ
-アクアプラザ


新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、発熱や風邪の症状のある方の入園はご遠慮ください。 なお、感染拡大の状況によっては、急遽臨時休業となる業務・施設が増えることもございます。あらかじめご了承ください。
感染拡大防止のため、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策に係る対応状況について(7/10更新)

こちらの情報は最新ではない可能性があります。
最新情報はトップページのお知らせ欄からご確認ください。

モエレ沼公園では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設の営業について以下の通り変更いたします。

– モエレビーチ、アクアプラザ(2021年度中)
利用中止

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、発熱や風邪の症状のある方の入園はご遠慮ください。 なお、感染拡大の状況によっては、急遽臨時休業となる業務・施設が増えることもございます。あらかじめご了承ください。
感染拡大防止のため、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

【受付終了】7月17日開催「いろいろスプーン2」

【こちらのイベントは受付を終了いたしました】

7月17日に開催するクラフト体験会「いろいろスプーン2」の参加者を募集しています。

公園の作業で出た剪定枝(せんていし)でバターナイフやジャムスプーン、箸置きなどの小物をつくります。
毎回大変人気の体験会です。
お申込み、お待ちしております!

※新型コロナウイルスの感染拡大の防止対策により、
開催日時や掲載内容が変更・中止となる場合がございます。

展覧会「藤沢レオ:Sculpture of Place 柱の研究」

モエレ沼公園を舞台に、新たな風景を紡ぎ出す現代作家によるシリーズ展「イマジナリー・ランドスケープ」の第5弾として、北海道を拠点に活躍する彫刻家 藤沢レオの個展を開催します。

本展では、2014年以来藤沢が取り組んできた「場の彫刻」シリーズより《柱の研究》の新作インスタレーションを紹介します。展覧会のテーマともなっている「柱」について、人類が文化的な生活を手にする、そのはじまりを想起させる特別な存在として捉えていると藤沢は言います。この象徴的なモチーフがイマジネーションの扉を開く鍵となり、過去と現在の人類の物語を接続させていきます。

手を動かし、鉄や木などの素材と誠実に向き合うことで、「生きる」とはどういうことなのか追及してきた藤沢。普遍的なその問いが、夏の緑あふれる公園を舞台に、何本もの輝く柱へと姿を変え、空へと伸びていく。その空間を歩き、体感することで、困難な時代のさなかであっても、日々を生きることそのものの喜びに触れていただけることでしょう。

Leo FUJISAWA


作家プロフィール

藤沢レオ Leo Fujisawa
1974年虻田郡洞爺湖町生まれ。1997年道都大学美術学部デザイン学科卒業。鉄や木、繊維などを素材に、工芸、彫刻、インスタレーション、舞台美術等ジャンルを横断しつつ、自身の死生観をもとに、種子をモチーフにした鉄彫刻作品「パサージュ」をはじめ、 日常に隠れた重要な要素を可視化する糸の集合による彫刻「不在の存在」、身近な幸福を見つめ直す鉄線による彫刻「静かな日」、そして近年は人類の足跡を辿る生存の起源や場の発生について思索する「場の彫刻」に取り組む。
参加した主な展覧会に「北海道百年記念塔展 井口健と塔を下から組む」(市立小樽文学館/小樽市、2020年)、個展 「きのうと違う島」 (洞爺湖芸術館/洞爺湖町、2020年)、「樽前arty 2019:芸術祭のしまい方」(樽前小学校/苫小牧市、2019年)、個展 「Still Living」(苫小牧市美術博物館/苫小牧市、2018年)、個展 「N.E.blood21 vol.58」(リアス・アーク美術館 / 宮城県気仙沼市、2016年)、「思考するアート展 コトバノカタチ」(北海道立帯広美術館/帯広市、2015年)がある。
またアートを媒体として社会との積極的な関わりを続ける「NPO法人樽前arty +」のディレクターも務め、美術展企画やワークショップ、レクチャーも行っている。

http://leofujisawa.com/

これまでの作品 

「藤沢レオ きのうと違う川」展示風景 茶廊法邑、札幌市 2019 撮影:山岸靖司
「藤沢レオ きのうと違う川」展 会場風景 茶廊法邑、札幌市 2019  撮影:山岸靖司

Leo Fujisawa
《場の彫刻Ⅶ》2018  撮影:山岸靖司 

チラシ

藤沢レオ 柱の研究フライヤー表 藤沢レオ 柱の研究フライヤー裏
チラシ表面 チラシ裏面

*画像をクリックすると拡大します。

インタビュー

藤沢レオ展インタビュー

PDFPDFダウンロード